布ナプキンを利用して生理のかぶれと痒みから脱出

女性

生理用品の使い勝手

女性

生理用品として利用されているのはタンポンや紙ナプキン、布ナプキンでしょう。タンポンは血が外に出ないため海に入るときや水場での利用に重宝されますが、膣内に差し込む形のため違和感があることや、処理の際に手指に血がつくことから好まない人もいます。処理において楽なのが紙ナプキンです。下着に貼って、使い終わったら剥がして捨てるだけなので手が汚れることがなく、自分で処理した紙ナプキンを持ち運ぶ必要がありません。ただ、紙ナプキンはモレ防止から通気性が悪かったり、肌触りが良くない物が多くあります。敏感肌や、生理によるホルモンバランスの変動で刺激に弱くなっている肌には摩擦やムレから痒みを感じる人も多くいます。布ナプキンについてはシートを変えるのは紙ナプキンと同じで処理においては衛生的で手軽です。また、布ナプキンは主にコットン100%のもので作られていることが多く肌触りがよく、通気性においても申し分はないでしょう。使用においてはモレが起きることがあるため、モレ防止のショーツやホルダーが付いているのが良いかもしれません。布ナプキンの問題点としては持ち帰って洗わないといけないことですが、慣れてしまえば使用者の意見では案外楽で、持ち帰りも専用袋の利用で消臭効果があり臭いもしないとのことです。もし、生理の度に痒みが出てくる人や、生理用品でかぶれてしまうタイプなら、試しに血が少ない日は布ナプキンに変えるなどを試してみてはいかがでしょうか?

見た目と機能重視で選ぶ

婦人

くしゃみや、下腹部に力をかけた時に尿漏れを起こす場合には失禁ショーツを利用するのが安心です。失禁ショーツは、ふとした際にモレてしまった尿を吸収して臭いを消臭してくれます。

詳しく読む

痒みとおりものの問題

案内

ネバネバしたおりものや外陰部の痒みが出るなら、もしかしたらカンジタになっているかもしれません。膣内の細菌が影響するカンジタは常に通気性を意識して普段から予防するのが一番です。

詳しく読む

気になるあの部分を清潔に

女の人

あそこの臭いは、自分では気付かない場合や、気にしていない場合もありますがパートナーによっても指摘できなかったりするデリケートな問題です。自分でわかる臭いは他人には更にきつい臭いなのです。

詳しく読む