布ナプキンを利用して生理のかぶれと痒みから脱出

茶髪の女性

痒みとおりものの問題

案内

生理終わりごろなどや普段、カッテージチーズのような白っぽいおりものがでたり、外陰部に痒みがある人はカンジタになっているかもしれません。カンジタの菌は普段から膣内にあり、免疫の低下や構成物質の摂取で体の中のケアを行なう菌までが減菌されてしまっている時にも起きます。膣の通気性が悪い時にも起こりやすくなります。特に女性は体の構造上において膣の通気性が悪くなりがちです。タイツやレギンス、締め付けの強い下着、生理中のナプキンやタンポンのつけっぱなしでムレや雑菌の繁殖が起こると、カンジタになってしまう恐れがあります。生理中は、特に膣の浄化をする機能が低下しています。性病の感染も生理中にはそのリスクが大きく高まるとした研究結果も出ているため、衛生的に保つのが重要です。生理中は生理用品を頻繁に変えること、通気性を良くしてムレを解消しましょう。カンジタの予防としてムレの解消・免疫を向上する・衛生的に保つことを心がけていればカンジタになる恐れはかなり低くなります。免疫の向上にはバランスの取れた食事と、ヨーグルトの乳酸菌が効くそうです。衛生的に保つ方法は、最低でも性器はほぼ每日洗うこと、汗を書いた下着や生理用品はこまめに変えることを徹底した方がいいでしょう。すでにカンジタが起こってしまった場合は、早めに病院への受診がおすすめです。膣内に器具の挿入を行なうので、生理中はさけて、スカートやワンピースでの受診がいいでしょう。